滋賀県・大津市

  → ホーム


  → 会社概要

  → 沿革・歴史

  → 理念
   → 社是・社訓
   → 社歌
   
→ あいさつ
   → 朝礼
   → 報告・連絡

  → 安全

  → 事業概要

  → 電気工事

  → 管工事

  → 照明工事

  → 特殊工事

  → 会社行事


                                            


                     
あいさつの重要性

                                         昭和51年12月18日制定
                                         昭和55年12月 8日改正

   *あいさつとは、(人間性と社会人としての初歩的動作である。)

   1. 相手の立場を尊重する礼儀である。
      「礼儀」ほど心あたたまるものはない。
      「礼儀」は、あいさつに始まってあいさつに終わる。

   2. 職場にあって、とり交される、「ヤル」気と合意の合図である。
      仕事上での言動の中にも、「ケジメ」ある礼節がなくてはならない。
      一日を通じての「あいさつ」は職場仲間の合図となって、
      リズムとスピードと活力を生み出させるものである。

   3. 明るい人間関係を作り出す源泉である。
      さわやかな、「あいさつ」と言葉づかいは、
      殺風景な企業砂漠に清新な気風をかもすオアシスづくりである事を忘れてはならない。
      人の心と心を結ぶ誠意のかけ橋は、「あいさつ」に依って造られる。


   * 「あいさつ」の、い・ろ・は(明るく・はっきり・感じよく)

         朝………お早う御座います(お早う)(遅くなりました)(済みません)

         業務中…○○さん・○○君と相手の氏名に敬称或いは役職名をつけ正しく呼ぶ事。
               愛称・あだ名・呼捨ては避ける事がのぞましい。
               特に返事は呼ばれた人に身体を向け「はい」と答えよう。

         応 答…「わかりました」「承知しました」「お願いします」「行って来ます」
               「帰りました」「お帰り」「ご苦労さん」「有難う」

         終 了…「お先です」「失礼します」「さようなら」「お疲れさん」
              (明日も元気で会いましょう………と心をこめて)

         対 客…「いらっしゃいませ」「かしこまりました」「恐れ入ります」「宜しくお願いします」
               「お待たせしました」「申し訳ありません」「ありがとう御ざいます」
               「お世話になります」

         心 得…どんな場合でも原則として、
               一番先に探し出してでも挨拶をしなければならないのは、
               その場の”長”に対してである事:又相手に正しく向き軽く会釈をするのは、
               礼であり常識だ:





滋賀県南部、大津市を地元として電気工事(大型物件からコンセント1ヶの工事まで)の経験を
45年間積み重ねて参っております。

滋賀県大津市晴嵐1丁目3番15号  株式会社 ケイテック
フリーダイヤル 0120−07−1948
メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ 

土・日・祝・祭でも 8時から18時まで 社員対応します。